診療科目

高血圧

1.どんな病気?

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。

高血圧は、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクとなります。

2.症状

自覚症状はほとんどありません。

3.原因

90%異常が、本態性高血圧症といわれています。

高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧症とホルモン異常などによって生じる二次性高血圧に分類されます。

本態性高血圧の原因は単一ではなく、遺伝的素因が、生まれてから成長し高齢化するまでの食事、ストレスなどの様々な環境因子によって修飾されて高血圧が発症するといわれています。

4.検査

血圧測定です。

5.治療法

ガイドラインに定められた期間を、食事療法や運動療法を行います。

場合によっては、降圧薬による薬物治療が必要となります。