診療科目

高尿酸血症(痛風)

1.どんな病気?

高尿酸血症とは、人間の血中に存在する尿酸の血中濃度が異常に高い状態です。

血中濃度が7mg/dLを越えると高尿酸血症です。

この状態が長く続くことで尿酸塩結晶が関節に沈着して起こる炎症が「痛風発作」です。

2.症状

自覚症状はありません。

合併症が発症してはじめて気づくということが多いようです。

高尿酸血症を放置して数年経過すると、ある日突然関節に激しい痛みが襲います。これが痛風発作です。

発作の起こりやすい部位は、足の親ゆびの付け根で、左右のどちらか片方に起きます。

これ以外にも肘、膝、手指、アキレス腱などにも生じることがあります。

3.原因

高尿酸血症の原因は、いろいろな食品に含まれているプリン体の過剰摂取です。 

痛風は、尿酸が血液中に増え、それが関節で結晶化することによって引き起こされます。

誘因としては、食べ過ぎ(高エネルギー食・動物性食品)、アルコールの飲み過ぎ、肥満、ストレスなどがあります。

4.検査

血液検査と尿検査でわかります。

当院でも、検査を行っています。

5.治療法

食事療法と運動療法が有効的です。